貯金しない人は老後も働くしかない【老後資金を用意する3つの方法】

貯金しない人は老後も働くしかない【老後資金を用意する3つの方法】
考える女性
考える女性
貯金しない人の老後って、どうなっちゃうんだろう?

老後破産とかしちゃうのかな…

 

できたら老後も普通の生活をしたい。

でも、今の生活で精一杯なので、貯金する余裕がない…

 

このまま貯金しないで老後を迎えるのは、どれくらいヤバいんだろう?

こういった疑問や不安に応える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 貯金しない人は老後も働くしかない【年金だけでは生活できない】
  • まずはできることから【貯金のコツを解説】
  • 老後資金を用意する3つの方法

 

結論、貯金しない人の老後はかなり厳しいです。

少しずつでもいいので、老後の貯金を始めてください。

 

この記事では金融庁のデータを元に、貯金しない人が老後どうなってしまうのか解説します。

まずは問題を把握していきましょう。

貯金しない人は老後も働くしかない【年金だけでは生活できない】

貯金しない人は老後も働くしかない【年金だけでは生活できない】

結論、貯金しない人は老後も働くしかありません。

年金だけでは生活できないからです。

 

2019年4月12日に、金融庁が「年金だけでは生活できない」と発表しました。

麻生外務大臣が「こんな内容は認められない」と、資料の受け取りを拒否したことでニュースになりましたね。

 

年金だけでは、老後に1500万~3000万円が不足するそうです。

人生100年時代における資産形成

出典:金融庁「人生100年時代における資産形成

 

つまり、1500万~3000万円は貯金しておきなさいということ。

なので、貯金しない人は老後も働き続けるしかありません。

 

老後も働き続けることは難しい

とはいえ、老後もずっと働き続けることは難しいです。

なぜなら、体が衰えていくから。

 

65歳以降も、

  • 病気になってはいけない
  • ケガをしてもいけない
  • 介護状態になってもいけない

 

というのは、人間の人体の構造上ムリです。

 

金融庁の「人生100年時代における資産形成」によると、日本人の長寿はまだ進行するようです。

人生100年時代における資産形成

出典:金融庁「人生100年時代における資産形成

 

65歳以降も、20年以上は働かないといけない感じですね。

80代・90代になっても、働けますか?

 

不労所得型のビジネスにも限界がある

「労働しなくても収入を得られるビジネスをもつ」という手もあるでしょう。

個人がもてる不労所得型のビジネスは、下記のとおり。

  • アフィリエイト
  • Youtuber
  • 不動産の家賃収入

 

でも、これらが老後も続けられる保証はありません。

 

アフィリエイトやYoutuberは、時代の変化とともになくなっていくでしょう。

不動産は時間とともに価値が下がっていくので、老後まで不動産を保たせることができません。

 

今のうちからビジネスに挑戦して、老後に向けて収入が入る仕組みを作るのも良いですが、難点は「老後はまだ先の話」ということですね。

 

老後に狙いを合わせてビジネスを作っていくのは、意外と難しいです。

 

【悲報】老後資金は8000万円が必要

現実的には、自助努力で老後資金を8000万円くらい準備する必要があります。

計算根拠は、貯金額の目安は年収の3割【貯められない場合の対処法も解説】にまとめているので、読んでみてください。

貯金額の目安は年収の3割【貯められない場合の対処法も解説】

今から8000万円貯められますか?

けっこうきついですよね(^^;

 

でも残念ながら今の日本では、老後資金が8000万円くらい必要です。

 

物価も税金も上昇していくのに、現役世代の収入と貯金は減少しています。

人生100年時代における資産形成

出典:金融庁「人生100年時代における資産形成

 

さらに悲報ですが、退職金の受給金額も減少しています。

高齢社会における資産形成・管理

出典:金融審議会市場ワーキング・グループ報告書「高齢社会における資産形成・管理

 

退職金もアテにできないとなると、自分で頑張って貯金するしかありません。

 

まずはできることから【貯金のコツを解説】

まずはできることから【貯金のコツを解説】

考える女性
考える女性
えー、じゃあもう私の人生終わりじゃん…

老後破産が確実かぁ…

と悲観的になる必要はありません。

今からお金を貯め始めればいいだけです。

 

考える女性
考える女性
でも、もう生活がカツカツで、貯金なんかムリ!

という人は、貯金のコツは収入-貯金=支出【老後2000万円貯める方法も解説】を読んでみてください。

貯金できるようになるノウハウを解説しています。

 

ガマンして節約するのではなく、家計の仕組みを変えれば貯金はできます。

支出を減らす方法も多くあるので、できるところから始めてみましょう。

 

最初は月5000円でもいいので、まずは貯金する仕組みを作るところからです。

貯金のコツは収入-貯金=支出【老後2000万円貯める方法も解説】

 

老後資金を用意する3つの方法

老後資金を用意する3つの方法

老後資金を用意する方法は、

  • 金融庁:人生100年時代における資産形成
  • 金融審議会の市場ワーキング・グループ報告書:高齢社会における資産形成・管理

 

にまとめられています。

 

結論は下記の3つです。

  1. 日本に投資しない
  2. 分散投資をする
  3. 長期運用をする

 

金融のプロたちが出した答えが、この3つということです。

人生100年時代における資産形成

出典:金融庁「人生100年時代における資産形成

高齢社会における資産形成・管理

出典:金融審議会市場ワーキング・グループ報告書「高齢社会における資産形成・管理

 

日本以外で、長期で分散投資すれば、老後資金を準備できる可能性があるということです。

 

上記3つに該当する方法で、貯金していきましょう。

まとまった投資資金がない人は、毎月の積立からスタートしてください。

 

投資を始めるときは銀行・証券会社・保険会社に注意

積立投資を始めるには、

  • 銀行
  • 証券会社
  • 保険会社

 

など、いわゆる金融機関で金融商品を購入することになります。

 

ですが、銀行・証券会社・保険会社には注意してください。

彼らは自分の営業ノルマ達成のために、私たちにメリットのない商品でも提案してきます。

 

事実、銀行窓口での外貨建て保険の販売が問題になっています。

詳しくは、外貨建て保険の苦情が国民生活センターに増えている!にまとめたので、読んでみてください。

外貨建て保険の苦情が国民生活センターに増えている!

 

投資信託の事故も増えています。

詳しくは、投資信託のリスクやデメリット!初心者が大損する毎月分配金型を読んでみてください。

投資信託のリスクやデメリット!初心者が大損する毎月分配金型

金融機関は、良い担当者に偶然当たれば良いですが、質の低い担当者だとノルマ達成の食い物にされてしまいます。

なので、銀行・証券会社・保険会社には注意しましょう。

 

  • 銀行・証券会社・保険会社に相談するのが不安な人
  • 銀行・証券会社・保険会社から提案された商品が不安な人

 

は、私たち「全国資産相談センター」にお問い合わせください。

 

私たちは公平中立な第三者の立場で、無料で相談にのっています。

無益な金融商品を購入しそうになっていた人を、救った実績も多いです。

 

金融商品を購入する前に、セカンドオピニオンとして活用してください。

 

優秀なFP(ファイナンシャルプランナー)を紹介することも可能です。

※紹介料・相談料も無料です。

 

老後資金を貯金する相談があれば、お気軽にお問い合わせください。

 

まとめ【貯金しない人は老後も働くしかない】

まとめ【貯金しない人は老後も働くしかない】

この記事をまとめます。

  • 貯金しない人は老後も働くしかない【年金だけでは生活できないから】
  • 老後資金は8000万円くらい必要
  • 貯金のコツを勉強して、できることから始めてみる
  • 老後資金を用意する3つの方法は、海外に分散投資して長期運用する
  • 金融商品を購入するときは銀行・証券会社・保険会社に注意

 

老後が心配なあなたの参考になればうれしいです(^^)

この記事を読んだだけでは何も変わらないので、できることから実践してください。

 

ちなみに、できればボーナスも貯金しましょう。

ボーナスを貯金できると、老後資金の貯金も加速します。

 

理想的には、ボーナスの8割を貯金、2割を自分へのご褒美にするのが良いですね。

 

ボーナスを貯金するメリットについては、

ボーナスの貯金割合は8割【ただし自己投資は積極的にすべき】にまとめたので、読んでみてください(^^)

ボーナスの貯金割合は8割【ただし自己投資は積極的にすべき】

あなたの資産形成の参考になればうれしいです!

関連記事

  1. 貯金のコツは収入-貯金=支出【老後2000万円貯める方法も解説】

    貯金のコツは収入-貯金=支出【老後2000万円貯める方法も解説】

  2. 貯金口座を分けるときは4つの口座に分ける【複利で貯めること】

    貯金口座を分けるときは4つの口座に分ける【複利で貯めること】

  3. 一人暮らしの貯金割合の理想は年収の3割【平均的な支出も解説】

    一人暮らしの貯金割合の理想は年収の3割【平均的な支出も解説】

  4. ボーナスの貯金割合は8割【ただし自己投資は積極的にすべき】

    ボーナスの貯金割合は8割【ただし自己投資は積極的にすべき】

  5. お金

    資産形成の相談

  6. 貯金額の目安は年収の3割【貯められない場合の対処法も解説】

    貯金額の目安は年収の3割【貯められない場合の対処法も解説】